事務局から・各種データ

労働者名簿ってなに?

meibo

◆労働者名簿ってなに?

労働者名簿とは、企業が「従業員の氏名、生年月日、住所、雇入れ日」などを記入するための帳簿です。
具体的には、以下の9項目をすべて記入する必要があります。

  1. 氏名
  2. 生年月日
  3. 人事異動などの履歴
  4. 性別
  5. 住所
  6. 業務の種類
  7. 雇入の年月日
  8. 退職・解雇の年月日とその理由
  9. 死亡の年月日とその原因

ちなみに、「6.業務の種類」については、労働者の数が30人未満の場合は記載しなくても大丈夫です。

 

question42

 

◆作成は「義務」なの?

労働者名簿は労働基準法第107条により作成が義務付けられています。
正社員だけでなく、派遣社員や契約社員、パートやアルバイトなど、日雇い労働者以外のすべての従業員のものを作成し、
記載内容に変更があった場合は、すぐに修正しなければなりません。

また、従業員の退職から3年間は保存しておく必要があります

労働者名簿の作成や保存を怠ると、労働基準法第120条により30万円以下の罰金が科されてしまいます!

※参考:労働基準法の罰則

 

two200

 

◆どうやって作ればいいの?

①社労士に頼む

従業員数によって費用は違いますが、社労士に頼めば作成してもらえます。
お金はかかりますが、確実な方法と言えるでしょう。
顧問契約料の中に労働者名簿の作成費用が含まれているケースもあるようです。

 

②社内で作成する

お金をかけたくないのであれば、社内で作成してしまう、という手もあります。
社員数が少ない場合や人事総務担当者がいる場合には、こちらでも十分に対応できるはずです。
インターネット上にも、たくさんの無料テンプレートが存在しています。

 

なお、下記の厚生労働省のホームページから、様式のダウンロードも行えます。

※参考:主要様式ダウンロードコーナー|厚生労働省

 

84c65c748fe7ffcc25dacdccac526f84_s

2015-07-31 | Posted in 事務局から・各種データNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment